• この記事のサマリーをtwitterへ送る
  • facebookへシェアする
  • はてなに追加
  • Googleブックマークに登録
  • このページを印刷する

Yahoo! mail Academic Edition 移行支援サービスを提供開始

 サイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫、東証マザーズ:3744、以下、サイオス)は、3月31日より「Yahoo! mail Academic Edition」をご利用中の文教・学術分野のお客様を対象とした「Yahoo! mail Academic Edition 移行支援サービス」の提供開始を発表いたします。

 ヤフー株式会社より「Yahoo! mail Academic Edition」をご利用中のお客様、パートナー企業に対し、該当サービスが2016年6月に終了する旨のお知らせがございました。それを受け、サイオステクノロジーは「Yahoo! mail Academic Edition」から「Google Apps for Education」もしくは「Office 365 Education」へクラウドメールの移行を希望するお客様を対象に「Yahoo! mail Academic Edition 移行支援サービス」を有償(個別見積)で提供いたします。

 サイオスは2007年にGoogle Appsの導入支援サービスを提供開始して以来、これまで100機関(140万ユーザー)を超える文教・学術分野のお客様に対してクラウドメールの導入に携わって参りました。その技術やノウハウを活かし、本移行支援サービスを提供するとともに、クラウドメールを利用する教職員や学生のさらなる利便性向上、セキュリティ確保を目的としたシングルサインオン、ID統合管理、学術認証フェデレーション(*1)との認証連携システムの導入を検討しているお客様には、上記システムの導入支援サービスも併せて提供することが可能です。

サイオスは今後もクラウドサービスを利用するお客様へさらなる利便性の向上、セキュリティの確保など安心してクラウドサービスをご利用いただくためのサービスやソリューションの提案、支援を推進して参ります。

*1: 学術認証フェデレーション <https://www.gakunin.jp/>
学術認証フェデレーションとは、学術e-リソースを利用する大学、学術e-リソースを提供する機関・出版社等から構成される連合体のこと。各機関はフェデレーションが定めた規程(ポリシー)を信頼しあうことで、相互に認証連携を実現することが可能となる。

■サイオステクノロジーについて
 サイオステクノロジーは、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェアの開発と利用を軸に、OS(基本ソフトウェア)、サーバー、Webアプリケーション、クラウドコンピューティング、ビッグデータに関わるソフトウェア製品とサービスの提供を行っています。
 これからも革新的なソフトウェア技術を追求し、世界のIT産業に影響力のある存在「インフルエンサー」となって価値を創造し、社会の発展に貢献してまいります。
詳細情報は、www.sios.comをご欄ください。
※Linux は、Linus Torvalds の商標です。
※その他記載の会社名および製品名は、各社の商標もしくは登録商標です。

■お客様のお問合せ先 (記事掲載の場合はこちらをご利用ください)
サイオステクノロジー株式会社
営業部
電話 : 03-6401-5222
お問い合わせフォーム:https://sios.secure.force.com/webform/osspswebform

■報道関係者からのお問合せ先
サイオステクノロジー株式会社
広報
電話 : 03-6401-5120
お問い合わせフォーム:https://entry.sios.com/public/application/add/309

最新インフォメーション一覧へ

インフォメーションページ

Yahoo! mail Academic Edition 移行支援サービスを提供開始 についてご紹介いたします。

PAGE TOP