• この記事のサマリーをtwitterへ送る
  • facebookへシェアする
  • はてなに追加
  • Googleブックマークに登録
  • このページを印刷する

ITオペレーション分析ツール「SIOS iQ 3.2」提供開始

サイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫、東証二部:3744、 以下、サイオス)は、「SIOS iQ」の新バージョンとなる 「SIOS iQ 3.2」を10月14日より提供開始いたしました。


「SIOS iQ」は、成長し続けるビジネスを支える大規模な仮想化インフラストラクチャの最適化と運用の効率化を目的としてデザインされたITオペレーション分析ソリューションです。機械学習技術を採用することにより、革新的なシンプルさ、迅速な問題解決と未然防止の手段を提供し、性能・効率・信頼性の改善とサービスレベルの向上を実現します。


【 アップデート内容 】
・VMware vSphere 6.0 をサポートしました。
・Application Network Contention(アプリケーション・ネットワーク競合)による性能問題の検出が可能になりました。
(仮想マシンおよび物理ホストのネットワーク・ワークロードの増加による性能問題の検出が可能になりました)

・仮想マシン、物理ホスト、データストアの検索が可能になりました。
・機械学習フレームワークを強化し、アノマリーの検出精度が向上しました。


■「SIOS iQ」の製品概要は以下のURLをご参照ください。
//sios.jp/iq/


■お客様のお問い合わせ先 (記事掲載の場合はこちらをご利用ください)
サイオステクノロジー株式会社
営業部
電話 : 03-6401-5222
お問い合わせフォーム:https://sios.secure.force.com/webform/siosiqwebform

■報道関係者からのお問い合わせ先
サイオステクノロジー株式会社
広報
電話 : 03-6401-5120
お問い合わせフォーム:https://entry.sios.com/public/application/add/309

最新インフォメーション一覧へ

インフォメーションページ

ITオペレーション分析ツール「SIOS iQ 3.2」提供開始 についてご紹介いたします。

PAGE TOP