• トップ
  • プレスリリース
  • 2015年
  • サイオステクノロジーとプレナスが米国で飲食店舗向けITシステムの合弁会社を設立~プレナス海外店舗及び一…
  • この記事のサマリーをtwitterへ送る
  • facebookへシェアする
  • はてなに追加
  • Googleブックマークに登録
  • このページを印刷する

サイオステクノロジーとプレナスが米国で飲食店舗向けITシステムの合弁会社を設立
~プレナス海外店舗及び一般飲食店舗向けにITシステムの開発及び販売・保守等を展開~

 サイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫、東証マザーズ:3744、以下、サイオス)と株式会社プレナス(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:塩井辰男、以下、プレナス)は本日、米国において共同出資により合弁会社を設立することといたしましたので、下記の通りお知らせいたします。



1. 本件の目的
 サイオスおよびサイオスグループ各社がこれまで培ってきたオープンソースソフトウェア、クラウドコンピューティング関連の最先端技術開発力と、「Hotto Motto (ほっともっと)」、「やよい軒」等を展開するプレナスグループの飲食店事業運営の豊富な経験を結集して、プレナスグループが海外で展開する定食レストラン「やよい軒」(YAYOI)店舗、および一般の飲食店事業者向けのITシステムの開発及び販売・保守を行うための合弁会社を設立することといたしました。

 今回のITシステムの合弁会社の設立によりサイオス、プレナス両社は、海外における和食ブームを反映して出店を拡大する海外の「やよい軒」(YAYOI)店舗向けに、戦略性の高いシステムをスピーディに構築することができると同時に、一般の海外飲食店舗向けに適用できる汎用的な飲食店事業者向けITシステムの開発・拡販を図ってまいります。
具体的には、店舗がお客様から認知を得るためのオウンドメディアやモバイルアプリ等の仕組み、予約、来店後からメニュー選び、食事、会計、退店、その後のフォローまでITを活用した一連の顧客体験を提供し、再来店をもたらす効果を高めます。またPOSデータ連携、厨房内でのレシピの管理とスクリーン表示などをさまざまなデジタル機器を組み合わせ、店舗運営に必要な仕組みをトータルに提供するほか、将来の拡張にも対応できる柔軟性を備えています。

2. 設立する子会社の概要
(1) 商号:BayPOS, Inc.
(2) 本店所在地:米国 カリフォルニア州
(3) 代表者:CEO(最高経営責任者) 寺本達弘
(4) 資本金:200万USドル(約2億38百万円*)
(5) 主な事業内容:①飲食店運営に係るITシステムの開発
          ②上記システムに関するハードウェア、ソフトウェアの販売及び保守
(6) 設立年月日:2015年7月上旬予定
(7) 出資比率:サイオス49%、プレナス51%
(8) 決算期:2月末日
* 1USドル=119円にて計算(2015年4月末レート)

■報道関係者からのお問合せ先
サイオステクノロジー株式会社
広報
電話 : 03-6401-5120
お問い合わせフォーム:https://entry.sios.com/public/application/add/309

最新プレスリリース一覧へ

プレスリリースページ

サイオステクノロジーとプレナスが米国で飲食店舗向けITシステムの合弁会社を設立~プレナス海外店舗及び一般飲食店舗向けにITシステムの開発及び販売・保守等を展開~ についてご紹介いたします。

PAGE TOP