• この記事のサマリーをtwitterへ送る
  • facebookへシェアする
  • はてなに追加
  • Googleブックマークに登録
  • このページを印刷する

サイオスがProfit Cubeを子会社化
~金融機関向けソリューション開発とコンサルティングを強化~

  サイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫、東証二部:3744、 以下、サイオス)は本日、金融機関向けに資産・負債のリスク管理を行う ALM(Asset Liability Management)システムの開発・販売・保守を主事業とするProfit Cube株式会社(以下、PCI)を子会社化し、PCIがサイオスのグループ会社に加わることになりましたので、下記の通りお知らせいたします。

  PCIの子会社化はサイオスがPCIの持株会社である株式会社ARSホールディングス(本社:東京都品川区、代表取締役:細谷幸一、以下、ARS)の発行済株式の100%を双方の合意に基づいて取得することにより、ARSおよびARSの完全子会社であるPCIがサイオスのグループ会社となるものです。

1. 本件の目的
  サイオスおよびサイオスグループ各社がこれまで培ってきたオープンソースソフトウェア、クラウドコンピューティング関連の最先端技術開発力と、PCIが金融機関に向けて提供してきたALMシステム開発とシステム開発の上流工程における設計、システムの運用支援を行う優れたコンサルティング能力を結集して、新製品および既存製品の開発とコンサルティング、サービス提供を強化し、相互の顧客へのサービス拡充、新規顧客の獲得に繋げることを目指します。

 サイオスグループは、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェアの開発と利用を軸にソフトウェア製品開発、ITシステム開発事業を展開し、クラウドコンピューティングの最先端領域における技術開発にも取り組んでいます。また、本年4月には金融機関を中心にアプリケーション開発等を行う株式会社キーポート・ソリューションズの子会社化を通じて金融IT分野に参入し、大きな成長が期待されるFintech* 領域において新しいサービスを投入する体制を構築しつつあります。

  PCIは、国内で初めてALMシステムをリリースして以来、現在に至るまで国内有数のALMソリューションベンダーとして継続的にシステムを高度化させ、最近では「ALM3.0®」という従来の枠組みを超えたコンセプトの基にリスク管理・収益管理・マーケティングまで網羅するソリューションの集合体を形成しています。また、長年培ってきた金融工学・ビッグデータ処理技術を背景に先進的な設計思想を一早く取り入れ、変化が著しく高い品質を求められる金融機関の要請に応える技術力も有しており、クラウド対応も可能なレベルに達しています。さらにソリューションのみの提供に留まらず、システムの上流工程を担えるエンジニアや金融機関に対して運用支援ができるコンサルタントが高度な運用支援、コンサルティングも実施しています。

 今回、サイオスグループにPCIが加わることによって、金融機関向けの高度な技術力・専門知識が強化され金融IT分野の事業拡充に繋がるのみでなく、今後更にFintech領域へのR&Dが加速し、当社グループの新たな収益の柱となるサービスが早期に実現できると考えています。

* Fintech(フィンテック)とは、Finance(金融)とTechnology(技術)の融合による新たなテクノロジーのこと。

※Linux は、Linus Torvalds の商標です。
※その他記載の会社名および製品名は、各社の商標もしくは登録商標です。

■報道関係者からのお問い合わせ先
サイオステクノロジー株式会社
広報
電話 : 03-6401-5120
お問い合わせフォーム:https://entry.sios.com/public/application/add/309

Profit Cube株式会社
広報
電話:03-4330-3030

最新プレスリリース一覧へ

プレスリリースページ

サイオスがProfit Cubeを子会社化~金融機関向けソリューション開発とコンサルティングを強化~ についてご紹介いたします。

PAGE TOP