• トップ
  • プレスリリース
  • 2016年
  • サイオスとアウトソーシングテクノロジー、オープンソースのWebアプリケーションフレームワーク「Drupal」に…
  • この記事のサマリーをtwitterへ送る
  • facebookへシェアする
  • はてなに追加
  • Googleブックマークに登録
  • このページを印刷する

サイオスとアウトソーシングテクノロジー、オープンソースのWebアプリケーションフレームワーク「Drupal」によるWebシステム構築ビジネスを共同で推進

~「Microsoft Azure」をサービス基盤に構築から保守までワンストップで提供~

 サイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多 伸夫、東証2部:3744、以下、サイオス)と株式会社アウトソーシングテクノロジー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:茂手木 雅樹、以下、OSTech)は、本日より、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」をサービス基盤として、オープンソースのWebアプリケーションフレームワーク「Drupal」とその他各種オープンソースソフトウェア(以下、OSS)を利用したWebシステムの設計・構築・運用・保守の一連の業務を「Drupal on Azure」としてワンストップで提供・支援するサービスを共同で展開することを発表いたします。

 「Drupal」はWebサイトのコンテンツ作成、表示方法のカスタマイズ、管理作業の自動化、投稿者の管理等が出来るOSSのコンテンツ管理システム (CMS) です。OSSのコスト的メリットとさまざまな用途への適用性の高さから、主に多国籍企業、政府・学術機関などが運用する大規模、多言語対応が必要なWebサイトにおいて導入されています*1。近年は、動的なコンテンツへの対応や商取引まで機能が拡張されていることから、「Webアプリケーションフレームワーク」としても位置付けられています。

 今回、サイオスとOSTechが提供する「Drupal on Azure」サービスは、サイオスが2016年5月にプレスリリース発表した『OSS on CLOUDインテグレーションサービス』で培ってきた「Microsoft Azure」上における各種OSSを利用した開発・運用の経験*2と、「Drupal」の専門部署を設けた OSTech が長年蓄積してきた開発・運用ノウハウ*3を融合し提供いたします。サイオスとOSTechは共同で、新規システム構築、基幹系や情報系など既存システムとの連携、多言語化対応、認証・セキュリティ強化等、幅広い分野において「Drupal」の機能を最大限に活用したWebシステム構築を実現します。
 具体的な共同展開では、サイオス、OSTechの両社がそれぞれ顧客開拓をおこない、実装段階での設計、構築および引渡し後のサポートにおいては、原則としてサイオスが主契約者(プライムコントラクター)として取りまとめて「Microsoft Azure」上でのサーバーインフラ領域を、「Drupal」に関連した領域をOSTechがサブコントラクターとしてそれぞれ担当します。

 また、サイオスとOSTechは、「Microsoft Azure」上でのOSSと「Drupal」利用に関する技術情報を両社共同で開発・配信し、利用者拡大を促進してまいります。

 この度の「Drupal on Azure」の共同展開の発表に際して、OSTech(株式会社アウトソーシングテクノロジー)より賛同文をいただいております。

株式会社アウトソーシングテクノロジー
 執行役員 ソリューションサービス事業部 瀧澤 勇樹 様

 株式会社アウトソーシングテクノロジーは、サイオステクノロジー株式会社とともに「Microsoft Azure」上で「Drupal」を利用したサイトの導入支援から構築・運用保守サポート・研修まで、総合的なソリューションを共同で推進することを喜ばしく思います。
 この取り組みを通じて「OSS on Azure」での実績が豊富なサイオステクノロジー株式会社との協業により、「Microsoft Azure」を利用される、より多くのお客様に「Drupal」関連ソリューションを広くご提供できると確信しています。
 「Drupal」は企業向けに設計されているため、拡張性・柔軟性だけでなく、安定性・堅牢性も高い点を活かしつつ、他の多様なオープンソースソフトウェアとの連携も含めて、お客様が安心してご利用になれるソリューションを今後もお届けしてまいります。

*1 「Drupal」は、米国ホワイトハウスおよびNASA、欧州連合、オーストラリア政府などで採用されています。国内においても多くの利用事例があります。https://www.drupal.org/case-studies

*2 サイオスの「Microsoft Azure」における取り組みでは「OSS on Azure」としてIaaSやPaaS環境にOSS導入を支援する企業向けサービスを展開してきています。企業システムに必要な技術検証の立案・支援から、設計・構築、基本的な監視や運用支援サービスまでを一貫して提供しています。 詳細は //sios.jp/products/oss-integration/service/oss_on_cloud/ をご覧ください。

*3 OSTechには社内に「Drupal & HTML5推進室」という専門部署が設けられており、「Drupal」の構築・運用に特化した技術者を有して「Drupal」に関する情報提供サイト"Web Go!Go!" http://www.webgogo.jp/ を運営しています。

■サイオステクノロジーについて
 サイオステクノロジーは、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェアの開発と利用を軸に、自社開発ソフトウェア製品の販売とサービスの提供を行っています。直近では、AI(人工知能)、Fintech(金融技術)、クラウドコンピューティングの技術領域に注力し、次世代を支える新製品とサービスの提供を開始しています。
 これからも革新的なソフトウェア技術を追求し、世界のIT産業に影響力のある存在、「インフルエンサー」となって価値を創造し、社会の発展に貢献してまいります。
 詳細情報は、www.sios.com および sios.jp をご覧ください。

※Linuxは、Linus Torvalds の商標です。
※その他記載の会社名および製品名は、各社の商標もしくは登録商標です。

■アウトソーシングテクノロジーについて
 アウトソーシングテクノロジーは、株式会社アウトソーシング(東証1部:2427)を親会社とするエンジニアリング企業です。IT・ソフトウェア、ロボティクス、機械、電気・電子、制御組み込み分野での受託開発などをおもな事業としており、IT 分野とモノづくりにおいて高度な技術力を提供しています。
 国内主要 IT 企業、自治体、金融機関、大学のほか、400 社を超える大手メーカーとの取引実績やノウハウを活用し、海外関連会社を通じてグローバル展開にも力を入れております。
 詳細情報は、www.ostechnology.co.jp をご覧ください。

■お客様のお問い合わせ先 (記事掲載の場合はこちらをご利用ください)
 サイオステクノロジー株式会社
 第2事業部 第1営業部
 TEL : 03-6401-5189 E-mail:ps-info@sios.com

 株式会社アウトソーシングテクノロジー
 ソリューションサービス事業部 Drupal & HTML5推進室 担当:西尾
 TEL : 03-3273-3273 E-mail:drupal_html5@ostechnology.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
 サイオステクノロジー株式会社
 広報
 TEL:03-6401-5120
 お問い合わせフォーム:https://lp.sios.jp/MRK_Inquiry_PressRelease.html

 サイオステクノロジーPR担当 (井之上パブリックリレーションズ内)
 担当:横田
 TEL:03-5269-2301 FAX:03-5269-2305 E-mail:sios@inoue-pr.com

 株式会社アウトソーシングテクノロジー
 ソリューションサービス事業部 Drupal & HTML5推進室 担当:西尾
 TEL : 03-3273-3273 E-mail:drupal_html5@ostechnology.co.jp

最新プレスリリース一覧へ

プレスリリースページ

サイオスとアウトソーシングテクノロジー、オープンソースのWebアプリケーションフレームワーク「Drupal」によるWebシステム構築ビジネスを共同で推進 についてご紹介いたします。

PAGE TOP