• この記事のサマリーをtwitterへ送る
  • facebookへシェアする
  • はてなに追加
  • Googleブックマークに登録
  • このページを印刷する

サイオス、「OSSを利用した機械学習入門(中級編)」を提供開始

〜初級編に続く上位の機械学習入門トレーニングコースを新たに開設〜

 サイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫、東証二部:3744、以下、サイオス)は、「オープンソースソフトウエア(OSS)を利用した機械学習入門(中級編)」のトレーニングコース(以下、機械学習入門(中級編))の提供を開始することを発表いたします。
 機械学習入門(中級編)は2月17日に開講、月1回のペースで定期開催する計画で、本日より受講申込の受け付けを開始しました。

 機械学習入門(中級編)は、昨年10月7日に開講した同トレーニングコースの初級編(以下、初級編)の上位コースと位置づけ、初級編の受講完了者または同等の知識を有する方を対象とします。
 初級編は2016年10月開講以来、月1回のペースで開催している定期開催コースに加えて、企業単位でのオンサイトやグループでの開催も提供するなど好評をいただく中で、もう一段階進んだコース開設の要望を多く受けたことから、今回、機械学習入門(中級編)を提供することにいたしました。

 機械学習入門(中級編)では、実際に機械学習を業務などで利用していく上で必要となるワークフローを理解します。また、代表的な機械学習手法をひととおり体験し、目的に応じた手法の選択基準を理解することをゴールとしています。ツール類は初級編と同様にOSS製品を利用し、参加者には、トレーニング・テキストの他、演習で使用したコンピュータと同等の仮想マシンイメージが提供されますので、トレーニング終了後、何度でも復習することが可能です。

 機械学習入門(中級編)の定期開催コースの受講費用は一人3万円で、2月17日の初回開講以降の開催スケジュール、カリキュラム内容などの詳しい情報はこちらをご参照ください。//sios.jp/products/ai/training/565.html

 サイオスでは「OSSを利用した機械学習入門シリーズ」として、機械学習入門(中級編)に続いて、順次トレーニングコースを開発・提供してまいります。

■サイオステクノロジーについて
 サイオステクノロジーは、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェアの開発と利用を軸に、自社開発ソフトウェア製品の販売とサービスの提供を行っています。直近では、AI(人工知能)、Fintech(金融技術)、クラウドコンピューティングの技術領域に注力し、次世代を支える新製品とサービスの提供を開始しています。
 これからも革新的なソフトウェア技術を追求し、世界のIT産業に影響力のある存在、「インフルエンサー」となって価値を創造し、社会の発展に貢献してまいります。
 詳細情報は、www.sios.com および sios.jp をご覧ください。

※Linuxは、Linus Torvalds の商標です。
※その他記載の会社名および製品名は、各社の商標もしくは登録商標です。

■お客様のお問い合わせ先 (記事掲載の場合はこちらをご利用ください)
 サイオステクノロジー株式会社
 サイオスAIアカデミー事務局
 TEL:03-6401-5189
 お問い合わせフォーム:https://lp.sios.jp/SIOSAI_Inquiry.html

■報道関係者からのお問い合わせ先
 サイオステクノロジー株式会社
 広報
 TEL:03-6401-5120
 お問い合わせフォーム:https://lp.sios.jp/MRK_Inquiry_PressRelease.html

 サイオステクノロジーPR担当 (井之上パブリックリレーションズ内)
 担当:横田
 TEL:03-5269-2301 FAX:03-5269-2305 E-mail:sios@inoue-pr.com

最新プレスリリース一覧へ

プレスリリースページ

サイオス、「OSSを利用した機械学習入門(中級編)」を提供開始 についてご紹介いたします。

PAGE TOP