• この記事のサマリーをtwitterへ送る
  • facebookへシェアする
  • はてなに追加
  • Googleブックマークに登録
  • このページを印刷する

サイオス、MBaaS/DevOps専業の子会社を米国に設立

 サイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫、東証マザーズ:3744、以下、サイオス)は、企業のIT部門やシステムインテグレーション事業者(以下SIer)向けにMobile Backend as a Service(以下MBaaS、*1)とDevelopment and Operations(以下DevOps、*2)を統合したスマートフォン向けアプリケーションの開発/運用プラットフォームサービスを提供する子会社を米国に設立いたします。子会社名は、Glabio, Inc.(本社:米国サンマテオ、President & CEO:栗原傑享、以下Glabio)、設立登記は2013年11月1日を予定しています。

 個人向けスマートフォンの爆発的な普及に続き、近年では法人向けスマートフォン市場も急成長しております。こういった市場環境の中、企業のIT部門においては、スマートフォンの特性を活かした新しい仕事のやり方を実現するシステムの構築が競争戦略上最優先に考慮すべき課題となっています。また、企業向けに業務システムを納入するSIerには、顧客企業固有の業務に対応したスマートフォン向けアプリケーションの開発と、その結果生み出される膨大な数のアプリケーションの運用に、大きな事業機会の創出が期待されています。
 サイオスはこれら企業IT部門およびSIerが持つニーズに着目し、企業に導入されたスマートフォンを最大限に活用する環境を実現すべく、スマートフォン向けアプリケーションを高品質に素早く個別開発出来るソリューションと、量産された多数の個別アプリケーションを持続的に稼働させるための運用ソリューションを併せ持つプラットフォームを開発し、サービス提供する新事業を開始いたします。新事業を専門に行う子会社として米国シリコンバレーにGlabioを設立し、2014年中にサービス開始、世界市場を対象としたサービスとして、2016年までにユーザー企業1,000社の獲得を目指します。
 Glabioは、昨今国内外で注目されている、MBaaSと呼ばれる、簡易な設定でスマートフォン向けアプリケーションのサーバー側機能を即座に生成し動作させるプラットフォームサービスを開発します。同時に、構築に高度な知識と経験を必要とするDevOpsをサービスに統合します。MBaaSとDevOps環境との一体提供によって、アプリケーション運用時のパフォーマンス測定や課題発見を容易にし、それらを速やかに改修開発計画に反映させることで、品質の高いアプリケーションが自然に創出される仕組みを実現します。
 Open Source Software(以下OSS)を主たる事業とするサイオスは、Glabioでもプラットフォームの開発にあたり多数のOSSを積極的に利用します。たとえばサーバーサイドJavaScript実行環境のNode.js(*3)を中核技術に採用する予定です。また、Glabio自身の開発成果物の大部分も、OSSとして早期より公開していく方針です。
 開発したプラットフォームは、米国Amazon社の提供するAmazon Web Services(*4)上で稼働させて課金サービス提供を行うことで、ユーザー企業が開発及び運用基盤を用意する負荷を代替し、ユーザー企業のアプリケーション導入に係る全体スケジュールの短期化と費用の縮小を実現いたします。

子会社「Glabio, Inc.」の概要

  (1)商号

  Glabio, Inc.

  (2)所在地

  155 Bovet Road, Suite 660, San Mateo, CA 94402, U.S.A

  (3)代表者

  President & CEO 栗原 傑享 (現グルージェント代表取締役CEO)

  (4)事業の内容

  MBaaS/DevOpsプラットフォーム製品の開発およびOSS化とサポート

  MBaaS/DevOpsプラットフォームのサービス提供

  (5)資本金

  USD 500,000

  (6)決算期

  12月末日

  (7)持株比率

  サイオステクノロジー株式会社 100%



*1:MBaaSについて
 MBaaSは、スマートフォンやタブレット等のモバイルデバイス向けアプリケーションの汎用機能部分、すなわちログイン認証・データベース接続およびデータの読み書き・クライアントとの通信・外部ソリューションとの連携機能等をあらかじめ用意しまとめて提供する事により、アプリケーションの開発・環境構築・運用の負荷を軽減するプラットフォームサービスの総称です。サイオスは、クラウド事業において、数多くのスマートフォンを活用したシステム構築実績を持ち、その開発資産と経験をもとにGlabioでMBaaSの開発を推進いたします。

*2:DevOpsについて
 DevOpsは、プラットフォーム上で運用されるアプリケーションのバージョン管理・ステージングサーバーおよび本稼働運用サーバーそれぞれへのデプロイ管理・稼働アプリケーションとその下位ミドルウェアおよびインフラの継続的な状態監視といった、日々の管理業務の自動化もしくは効率化を図ることと、そこで得られる情報を緊密に開発に役立てる取り組みのことを言います。元来は同じアプリケーションを適切に稼働させて企業ミッションを達成するという同じ目的に向かっているはずながら、業務上の個別利益の相反によって対立しがちである開発組織と運用組織が、部門の壁を超えて協力体制を構築することを指す場合もあります。GlabioではサービスとしてDevOps環境の提供を行うと同時に、自らもDevOpsにてプラットフォーム開発を行ってまいります。

*3:Node.jsについて
 Node.jsはサーバーサイドJavaScriptの実行環境として2009年の登場以来、OSSとして開発されています。JavaScriptは全てのスマートフォン搭載ブラウザで動作するプログラム言語であり、クライアント側に提供するライブラリとMBaaSとの通信データ形式として利用されるJSONを取り扱うのに最適です。GlabioではJavaScriptをサーバー側アプリケーションの実行環境、ひいてはプラットフォーム全体で利用することにより、サービスの開発/運用効率を上げてまいります。

*4:Amazon Web Services
アマゾン ウェブ サービス(AWS)は、Amazon.com, Inc.が提供するクラウドコンピューティング技術を駆使した仮想 サーバー、ストレージ、データベース等を利用できるクラウドプラットフォームです。

<サイオステクノロジーについて>
サイオステクノロジーは、1997年の創業以来、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェア(OSS)の開発と利用を軸に、OS(基本ソフトウェア)からWebアプリケーションソフトウェアにかかわる事業を推進し、情報システムのコスト削減に関する取り組みを推進しています。また、市場が拡大しつつあるクラウドコンピューティング分野でも、OSSの利活用を通じて、最先端のシステムを提供しています。
これからも革新的なソフトウェア技術を追求し、世界のIT産業に影響力のある存在、「インフルエンサー」となって価値を創造し、社会の発展に貢献してまいります。

※アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web ServicesおよびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.または、その関連会社の商標です。
※Linux は、Linus Torvalds の商標です。
※その他記載の会社名および製品名は、各社の商標もしくは登録商標です。

■報道関係者からのお問合せ先
サイオステクノロジー株式会社
広報
電話 : 03-6401-5120
お問い合わせフォーム:https://entry.sios.com/public/application/add/309
最新プレスリリース一覧へ

プレスリリースページ

サイオス、MBaaS/DevOps専業の子会社を米国に設立 についてご紹介いたします。

PAGE TOP