• この記事のサマリーをtwitterへ送る
  • facebookへシェアする
  • はてなに追加
  • Googleブックマークに登録
  • このページを印刷する

サイオス、VMware仮想環境の性能問題の原因分析、予測機能を追加した
機械学習搭載ITオペレーション分析製品 SIOS iQ™ を販売開始

 サイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫、東証二部:3744、以下、サイオス)は本日、機械学習機能を搭載したITオペレーション分析ソフトウェア「SIOS iQ™ Standard Edition」の販売を開始します。

 「SIOS iQ™ Standard Edition」は、本年2月から提供中の無償版である「SIOS iQ™ Free Edition」の機能に加え、VMware仮想環境の性能問題の原因分析と予測をする機能を新たに搭載し、システムの性能問題の迅速な解決と未然防止に貢献します。「SIOS iQ™ Standard Edition」は日本、米国、欧州の各市場向けに販売されると共に、Free Editionの提供も継続します。


 SIOS iQ™は、成長し続けるビジネスやサービスを支えるシステムに対するニーズに応えるべく、VMware仮想環境で稼働するシステムの最適化と問題解決を迅速に行うために、機械学習技術を用いて開発されました。今回新しく追加された性能問題の原因分析・予測機能は、従来の閾値(しきいち)による異常検出とは全く異なるアプローチを採用し、異常値の判断基準となる閾値やポリシーを設定する必要がなく、企業のシステム管理者と運用担当者に全く新しい問題解決手法と運用効率の改善をもたらします。SIOS iQ™は、物理ホスト、ストレージ、仮想マシン、アプリケーションなど、システムを構成する全ての要素の振る舞いを、24時間×365日、包括的に監視します。その中で日常的な振る舞いと要素間の相関関係・相互依存性を自身で学習し続け、閾値やポリシーを使うことなく、アノマリ(異常)を検出すると同時に原因分析を行います。SIOS iQ™のアノマリ検出と原因分析能力は、発生した問題の迅速な解決を可能にするだけでなく、システムへの影響も予測しますので、深刻な問題の発生を未然に防止し、システムのサービス・レベルの向上にも寄与します。


 本製品の発表に際し、米国のIT専門調査会社IDCのTim Grieser氏(Program Vice President, Enterprise System Management Software)は、「SIOS iQ™は、既存のリソース最適化機能に加え、性能問題分析機能を追加することによって、VMware仮想環境での運用における問題の発見、原因の特定、アプリケーション性能の最適化に役立つでしょう。SIOS iQ™のシンプルなユーザインタフェースや機械学習エンジンによる提案・予測機能は、ITアドミニストレーターや運用スタッフの問題解決プロセスを簡単にしてくれるでしょう。」とのコメントを寄せています。


 「SIOS iQ™ Standard Edition」は、1物理ホストに1ライセンス(240,000円/12ヵ月)を利用するサブスクリプション形式で提供、日本、米国、欧州の各市場向けに販売すると共に、Free Editionの提供も継続します。


■「SIOS iQ™ Standard Edition」の主な機能と特長

・ システム性能上の問題の予測・検出・原因分析

 物理ホスト、ストレージ、仮想マシン、アプリケーションなど、システムを構成する全ての要素の振る舞いを、24時間×365日監視し、日常的な振る舞いと要素間の相関関係・相互依存性を学習し続けて、アノマリ(異常)を検出すると同時に原因分析を行います。また従来のような閾値(しきいち)やポリシーを設定する必要がないため取り扱いが容易で、起こりうる問題の発生も予測しますので障害が発生する前に対処することが可能となり、仮想サーバー運営管理の生産性が大幅に向上します。


・ フラッシュ・リード・キャッシュの効果分析・設定値の提案

 vSphereのvFRCや各フラッシュ・ストレージ・メーカーが提供するフラッシュ・リード・キャッシュ機能における最適なキャッシュサイズとブロックサイズをSIOS iQ™が導き出して提案します。たとえ高速なオール・フラッシュSANでさえ、ローカル・フラッシュ・リード・キャッシュを利用することのメリットは大きいと言われていますが、最適なキャッシュサイズとブロックサイズを見つけることは容易ではありません。SIOS iQ™は自身でシステムの振る舞いを学習することにより、キャッシュサイズとブロックサイズの最適値を分析し、設定を変更した場合の効果(IOPS/レイテンシー)を予測します。


<span class="caps">PERCダッシュボード(SIOS <span class="caps">PERC Dashboard™)

 PERCダッシュボードは、性能(Performance)/効率性(Efficiency)/信頼性(Reliability)

/キャパシティ(Capacity) の4つの指標で、VMware仮想環境を評価し、迅速・明快にシステムの堅牢性を把握することを可能にします。また、シンプルで簡単な操作で、症状/影響範囲/原因/提案などの詳細な情報を参照することができますので、俊敏に問題解決や最適化のアクションを取ることが可能です。


・ Microsoft <span class="caps">SQL Server専用拡張機能

 VMware仮想環境で、Microsoft <span class="caps">SQL Serverをご利用の場合、SQL Serverの振る舞いとその他の要素の相互関係を学習しますので、性能問題に関し、さらに詳細な分析を行うことが可能です。


 その他「SIOS iQ™ Standard Edition」に関する詳細情報はhttp://sios.jp/iq/をご参照ください。


■サイオステクノロジーについて

 サイオステクノロジーは、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェアの開発と利用を軸に、OS(基本ソフトウェア)、サーバー、Webアプリケーション、クラウドコンピューティング、ビッグデータに関わるソフトウェア製品とサービスの提供を行っています。

 これからも革新的なソフトウェア技術を追求し、世界のIT産業に影響力のある存在「インフルエンサー」となって価値を創造し、社会の発展に貢献してまいります。

詳細情報は、www.sios.comおよびsios.jpをご覧ください。


※Linux は、Linus Torvalds の商標です。

※その他記載の会社名および製品名は、各社の商標もしくは登録商標です。


■お客様のお問い合わせ先 (記事掲載の場合はこちらをご利用ください)

サイオステクノロジー株式会社

<span class="caps">SIOS iQ事業企画部

電話 : 03-6401-5189

お問い合わせフォーム:https://sios.secure.force.com/webform/siosiqwebform


■報道関係者からのお問い合わせ先

サイオステクノロジー株式会社

広報

電話 : 03-6401-5120

お問い合わせフォーム:https://entry.sios.com/public/application/add/309

最新プレスリリース一覧へ

プレスリリースページ

サイオス、VMware仮想環境の性能問題の原因分析、予測機能を追加した機械学習搭載ITオペレーション分析製品 SIOS iQ™ を販売開始 についてご紹介いたします。

PAGE TOP