• この記事のサマリーをtwitterへ送る
  • facebookへシェアする
  • はてなに追加
  • Googleブックマークに登録
  • このページを印刷する

BashやOpenSSLの脆弱性問題に対応する
「サイオス OSSよろず相談室 セキュリティ診断サービス」を提供開始

 サイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫、東証マザーズ:3744、以下、サイオス)は、オープンソースソフトウェア(以下、OSS)のセキュリティ問題に対応する「サイオスOSSよろず相談室 セキュリティ診断サービス」を本日より国内で提供開始いたします。

 昨今、「ShellShock」や「Heartbleed」など、OSSに存在する脆弱性問題についてのお問い合わせや個別のサポート依頼が急増しています。特にシステムのセキュリティ診断、パッチの開発・インストールに対する要望が多く寄せられています。
このようなお客様からの要望に応えるため、サイオスは企業システムのセキュリティ問題を迅速に解決する「サイオスOSSよろず相談室 セキュリティ診断サービス」を提供開始します。本サービスは、Bashで発生した脆弱性問題「ShellShock」、OpenSSLで発生した脆弱性問題「Heartbleed」など、OSSで発生したクリティカルな脆弱性問題の調査、解析、対応方法の提示を行い、よりセキュアな企業システムの構築・運用を支援します。

 サイオスは、2007年より企業システムで利用されるOSSの構築・運用サポートを「サイオス OSSよろず相談室」として提供しており、高い評価を得てまいりました。その長年培った運用実績とノウハウによりOSSのセキュリティ問題を解決し、これからも企業のOSS活用を積極的に支援してまいります。

 「サイオス OSSよろず相談室 セキュリティ診断サービス」は30万円(税別)/1システムからの提供となり、オプションメニューにてオンサイトサービスやパッチ作成サービスも提供します。

■サイオス OSSよろず相談室 セキュリティ診断サービス 基本メニュー
・脆弱性診断サービス(デスクトップや開発パッケージは除きます)
・環境調査
・セキュリティ診断レポート
・セキュリティ診断レポートについての説明会実施
・説明会後、診断レポートに対するQAサービス 3インシデント/1ヶ月を提供


■サイオス OSSよろず相談室 セキュリティ診断サービス オプションメニュー
・オンサイトサービス
・パッチ作成サービス

 サイオスは、今後も「サイオス OSSよろず相談室」のメニュー拡充やサポート体制の強化を図り、企業のOSS活用を積極的に支援してまいります。

<サイオステクノロジーについて>
サイオステクノロジーは、1997年の創業以来、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェア(OSS)の開発と利用を軸に、OS(基本ソフトウェア)からWebアプリケーションソフトウェアにかかわる事業を推進しています。また、クラウドコンピューティング分野でも、OSSの利活用を通じて、最先端のシステムを提供しています。
これからも革新的なソフトウェア技術を追求し、世界のIT産業に影響力のある存在、「インフルエンサー」となって価値を創造し、社会の発展に貢献してまいります。
※Linux は、Linus Torvalds の商標です。
※その他記載の会社名および製品名は、各社の商標もしくは登録商標です。

<「サイオスOSSよろず相談室」について>
OSSサポートサービス「サイオスOSSよろず相談室」は2007年6月より提供を開始。80種類 以上のオープンソースソフトウェア(OSS)を対象とした有償サポートサービス として、大手製造業、通信事業者などのバックエンドサポート契約をはじめ、多くの企業情報システム部門、システムインテグレーターにおける採用実績があります。
「サイオスOSSよろず相談室」についての詳細は下記をご参照ください。
//www.sios.com/products/oss/yorozu/

■お客様のお問合せ先 (記事掲載の場合はこちらをご利用ください)
サイオステクノロジー株式会社
営業部
電話 : 03-6401-5222

■報道関係者からのお問合せ先
サイオステクノロジー株式会社
広報
電話 : 03-6401-5120
お問い合わせフォーム:https://entry.sios.com/public/application/add/309

最新プレスリリース一覧へ

プレスリリースページ

BashやOpenSSLの脆弱性問題に対応する「サイオス OSSよろず相談室 セキュリティ診断サービス」を提供開始 についてご紹介いたします。

PAGE TOP