• この記事のサマリーをtwitterへ送る
  • facebookへシェアする
  • はてなに追加
  • Googleブックマークに登録
  • このページを印刷する

サイオステクノロジー、サードウェアを吸収合併

〜オープンソースソフトウェア事業を強化〜

 サイオス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫、東証二部:3744、以下サイオス)の事業会社である、サイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫、以下、サイオステクノロジー)と株式会社サードウェア(本社:東京都墨田区、代表取締役:久保由美子、以下、サードウェア)は、本日サイオステクノロジーを存続会社とする合併契約を締結いたしました。

 2018年3月、サードウェアの代表取締役であった久保元治氏が急逝されました。サードウェアの現代表取締役である久保由美子氏は、サードウェアの事業の更なる発展のため、サイオステクノロジーにサードウェア株式の譲渡と経営統合を提案し、サイオステクノロジーは、サードウェアとの経営統合により両社の強みであるオープンソースソフトウェア(以下、OSS)事業を更に強化出来ると判断し、この度の合併契約締結に至りました。
 サイオステクノロジーは、故久保元治氏の「OSSでIT基盤の安全と安心を支える」という思いを継承し、両社の事業の更なる発展を目指します。

合併の効力発生日は、2018年12月7日、合併後の存続会社はサイオステクノロジーとなります。

 サードウェアの会社概要は次のとおりです。

商号:

株式会社サードウェア

所在地

東京都墨田区両国2-16-5 あつまビル5F

代表者:

代表取締役 久保由美子

事業内容:

・インターネット/イントラネット活用のための総合的な支援サービス
・Linux オープンソースソフトウェアのサポート
・コンピュータ・セキュリティのコンサルテーション

■サイオスについて
 サイオスは、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェア、AI、クラウド、金融技術に卓越した強みを有するテクノロジー企業群を子会社に持つ東証二部上場の持株会社です。「世界中の人々のために、不可能を可能に。」をグループミッションに、イノベーションによって人々の課題を解決し、より良い社会の実現に貢献してまいります。
 詳細情報は、https://www.sios.com をご覧ください。

■サイオステクノロジーについて
 サイオステクノロジーは、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェアの開発と利用を軸に、自社開発ソフトウェア製品の販売とサービスの提供を行っています。直近では、AI(人工知能)、クラウドコンピューティングの技術領域に注力し、次世代を支える新製品とサービスの提供を開始しています。
 これからも革新的なソフトウェア技術を追求し、世界のIT産業に影響力のある存在、「インフルエンサー」となって価値を創造し、社会の発展に貢献してまいります。
 詳細情報は、 https://sios.jp をご覧ください。

■お客様のお問い合わせ先 (記事掲載の場合はこちらをご利用ください)
 サイオス株式会社
 経営企画部
 TEL:03-6401-5125

■報道関係者からのお問い合わせ先
 サイオス株式会社
 広報
 TEL:03-6401-5120
 お問い合わせフォーム:https://lp.sios.jp/MRK_Inquiry_PressRelease.html
 PR担当 (井之上パブリックリレーションズ内)
 担当:横田
 TEL:03-5269-2301 FAX:03-5269-2305 Email:sios@inoue-pr.com

最新プレスリリース一覧へ

プレスリリースページ

サイオステクノロジー、サードウェアを吸収合併 についてご紹介いたします。

PAGE TOP