• この記事のサマリーをtwitterへ送る
  • facebookへシェアする
  • はてなに追加
  • Googleブックマークに登録
  • このページを印刷する

国内初、AIOpsツール「Red Sky Ops」の取り扱いを開始 ~米Carbon Relay社とパートナー契約、Kubernetes運用をAI/機械学習により最適化。パフォーマンス50%以上の向上、クラウドコスト30%以上の節約を実現~

 サイオス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫、東京証券取引所 第二部:3744、以下「サイオス」)の事業会社であるサイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫、以下「サイオステクノロジー」)は、Kubernetes(クーバネティス)*1の次世代AIOps*2ソリューションを提供するGramLabs, Inc. d/b/a Carbon Relay(本社:米国マサチューセッツ州、CEO:Matt Provo、以下「Carbon Relay社」)の国内初のディストリビューションパートナー契約を締結しました。
 クラウドテクノロジーが主流になりつつある昨今、KubernetesへのエンタープライズITの移行が進むなかで、コンテナー*3の規模が増え続けることにより、Kubernetes環境が複雑になるという課題があります。サイオステクノロジーは、機械学習を搭載した「Red Sky Ops」のサービスを通じて、Kubernetes環境の適正化および社内資源の有効活用を支援します。

 サイオステクノロジーは今後、Kubernetes関連のビジネスにエンジニアリソースを集中し、以下のようなサービスを展開していきます。

・エンタープライズ向け製品であるKubernetesおよびOpenShift*4の導入支援
・POC*5による検証支援
・コンテナーアプリケーションの導入支援
・API製品の導入支援
・コンテナーアプリケーションの運用自動化支援サービス

【Red Sky Ops製品の概要】
Linuxコンテナー操作を自動化するオープンソースプラットフォームであるKubernetesの環境をAI(人工知能)や機械学習によって最適化するソリューションです。

【Red Sky Ops製品の主な導入メリット】
・高度な機械学習を搭載した新しいアプローチにより、最適なKubernetes構成のパラメーターを自動的に決定するため、管理の複雑さのほとんどを解消。
・機械学習によって時間が経過すればするほど自動化の効力を発揮。その結果、アプリケーションのパフォーマンスを50%以上向上させ、クラウドコストを30%以上節約することが可能。(Carbon Relay社調べ)

【販売目標】
2022年12月末までに3億円

【販売価格】
200万円~(年間)

*1 Kubernetes(クーバネティス)
オープンソースのコンテナーオーケストレーションツールの一種。

*2 AIOps(エーアイオプス)
Artificial Intelligence for IT Operationsの略。IT運用のための人工知能活用により、複雑なIT運用を解消。

*3 コンテナー
ホストOSのリソースを論理的に分離し、アプリケーションを動作させるのに必要なライブラリやアプリケーションなどをひとつにまとめ、個別サーバーのように使用できるようにしたもの。コンテナーはサーバー仮想化に比べオーバーヘッドが少ないため、軽量で高速に動作するのが特徴。


*4 OpenShift
Red Hat, Inc.のエンタープライズ向けKubernetes製品。


*5 POC
Proof of Conceptの略。「概念実証」という意味で、新しい概念や理論、原理、アイディアの実証を目的とした試作開発の前段階における検証やデモンストレーションの総称。


 サイオス株式会社 代表取締役社長 喜多伸夫は以下のように述べています。
「Carbon Relay社のRed Sky Ops製品は、高度な機械学習とデータ処理能力の自動化を使用して、Kubernetes環境でのアプリケーションパフォーマンスを最適化します。本サービスの提供を通じてクラウドコストを削減し、日本企業の収益性向上に貢献してまいります」


■Carbon Relay社について
 Carbon Relay社は、世界有数のデータサイエンティスト、機械学習の専門家、経験豊富なDevOps(Development and Operations)エンジニアが在籍するプロフェッショナル集団です。ソフトウェアのさらなるパフォーマンス向上とシステム運用の改善を実現する製品を提供します。

■サイオスについて
 サイオスは、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェア、AI、クラウド、金融技術に卓越した強みを有するテクノロジー企業群を子会社に持つ東証二部上場の持株会社です。「世界中の人々のために、不可能を可能に。」をグループミッションに、イノベーションによって人々の課題を解決し、より良い社会の実現に貢献してまいります。詳細情報は https://www.sios.com をご覧ください。

■サイオステクノロジーについて
 サイオステクノロジーは、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェアの開発と利用を軸に、自社開発ソフトウェア製品の販売とサービスの提供を行っています。直近では、AI(人工知能)、クラウドコンピューティングの技術領域に注力し、次世代を支える新製品とサービスの提供を開始しています。これからも革新的なソフトウェア技術を追求し、世界のIT産業に影響力のある存在、「インフルエンサー」となって価値を創造し、社会の発展に貢献してまいります。詳細情報は、 https://sios.jp をご覧ください。

※Linuxは、Linus Torvalds の商標です。
※その他記載の会社名および製品名は各社の商標もしくは登録商標です。


■お客様のお問い合わせ先(記事掲載の場合はこちらをご利用ください)
サイオステクノロジー株式会社
イノベーティブソリューション事業企画部
TEL:03-6859-8610  Email: oss-sales@sios.com

■報道関係者からのお問い合わせ先
サイオス株式会社
広報
TEL:03-6401-5120  Email: mktg@sios.com

株式会社井之上パブリックリレーションズ
サイオスグループ担当:藤井、妹尾、横田
TEL:03-5269-2301  FAX:03-5269-2305  Email: sios@inoue-pr.com

最新プレスリリース一覧へ

プレスリリースページ

国内初、AIOpsツール「Red Sky Ops」の取り扱いを開始 ~米Carbon Relay社とパートナー契約、Kubernetes運用をAI/機械学習により最適化。パフォーマンス50%以上の向上、クラウドコスト30%以上の節約を実現~ についてご紹介いたします。

PAGE TOP