• この記事のサマリーをtwitterへ送る
  • facebookへシェアする
  • はてなに追加
  • Googleブックマークに登録
  • このページを印刷する

連結子会社間の合併に関するお知らせ

 サイオス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫、東京証券取引所 第二部:3744、以下、サイオス)は、本日開催の取締役会において、2020年10月1日を効力発生日(予定)として当社の完全子会社であるサイオステクノロジー株式会社を吸収合併存続会社として、株式会社キーポート・ソリューションズ、株式会社グルージェントを吸収合併消滅会社とする吸収合併を行うことを決議いたしましたので、お知らせいたします。なお、本合併は、連結子会社間の吸収合併であるため、開示事項・内容を一部省略しております。

1. 合併の理由
 当社グループは、「世界中の人々のために、不可能を可能に。」をミッションと定め、イノベーションによって人々の課題を解決し、より良い社会の実現に貢献することを経営の基本方針としています。また、このミッションを実現するための主な課題は、①人材、②研究開発、③イノベーションを生み出す企業カルチャーの醸成、と認識しております。
 新型コロナウイルス感染症拡大で一変した社会経済環境の中、この度の合併により、国内の主要子会社3社における人的資源・知的財産・資金等の経営資源を集中し、さらなる業務運営の効率化と生産性の向上をはかることにより、当社グループのミッションを実現させるための課題を解決し、経営の基本方針を実現してまいります。

2. 合併の要旨
(1)合併の日程
 本合併に係る取締役会決議日(当社)2020 年7月6日
 合併統合期日(効力発生日)    2020 年10月1日(予定)
(2)合併の方式
 サイオステクノロジー株式会社を存続会社、株式会社キーポート・ソリューションズ、株式会社グルージェントを消滅会社とする吸収合併
(3)合併に係る割当の内容
 本合併は、当社の完全子会社間の合併であるため、株式その他金銭等の割当てはありません。
(4)合併に伴う新株予約権および新株予約権付社債に関する取扱い
 該当事項はありません。

3.合併当事会社の概要20200706_合併当事会社概要.png

4.合併後の状況
 存続会社の名称、所在地、代表者の役職・氏名、事業内容、資本金、決算期、大株主および持株比率に変更はありません。

5.今後の見通し
 本合併は、当社の連結子会社間の合併であるため、当社連結業績に与える影響は軽微です。

以上


■サイオスについて
 サイオスは、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェア、AI、クラウド、金融技術に卓越した強みを有するテクノロジー企業群を子会社に持つ東証二部上場の持株会社です。「世界中の人々のために、不可能を可能に。」をグループミッションに、イノベーションによって人々の課題を解決し、より良い社会の実現に貢献してまいります。
詳細情報は https://www.sios.com をご覧ください。

■サイオステクノロジーについて
 サイオステクノロジーは、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェアの開発と利用を軸に、自社開発ソフトウェア製品の販売とサービスの提供を行っています。直近では、AI(人工知能)、クラウドコンピューティングの技術領域に注力し、次世代を支える新製品とサービスの提供を開始しています。これからも革新的なソフトウェア技術を追求し、世界のIT産業に影響力のある存在、「インフルエンサー」となって価値を創造し、社会の発展に貢献してまいります。
詳細情報は、https://sios.jp をご覧ください。

■お客様のお問い合わせ先 (記事掲載の場合はこちらをご利用ください)
サイオス株式会社
経営企画
TEL:03-6401-5125

■報道関係者からのお問い合わせ先
サイオス株式会社
広報
TEL:03-6401-5120  Email:mktg@sios.com

株式会社井之上パブリックリレーションズ
サイオスグループ担当:大浦、妹尾、横田
TEL:03-5269-2301  Email:sios@inoue-pr.com

※現在テレワーク勤務中につきお電話に出られない場合がございます。
メールでお問い合わせいただけますと幸いです。

最新プレスリリース一覧へ

プレスリリースページ

連結子会社間の合併に関するお知らせ についてご紹介いたします。

PAGE TOP