• トップ
  • プレスリリース
  • 2012年
  • 子会社グルージェントの体制を拡充し、クラウド事業を強化グループの関連事業を集約、30人の専任組織で事…
  • この記事のサマリーをtwitterへ送る
  • facebookへシェアする
  • はてなに追加
  • Googleブックマークに登録
  • このページを印刷する

子会社グルージェントの体制を拡充し、クラウド事業を強化
グループの関連事業を集約、30人の専任組織で事業の拡大を強力に推進


 サイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫、東証マザーズ:3744、以下、サイオス)は、拡大を続けるクラウド市場に対する事業の強化を図るために、グループ体制の大幅な見直しを行いました。

 

7月1日より、70万ユーザーの導入実績のある「Google Apps」を中心としたクラウド関連の事業を、サイオスから子会社の株式会社グルージェント(本社:東京都港区、代表取締役社長:栗原 傑享、以下グルージェント)に移管し、グルージェントを「Google Apps」リセール、クラウド分野に専業展開する事業会社とすることを決定いたしました。これに伴い、サイオスでクラウド事業に関係していた人員もグルージェントに集約し、30人の専任者の組織で事業を推進します。

 

今回の事業移管により、グルージェントはこれまでの「Google Apps」向けのSaaS事業である「Gluegent Gate」や「GluegentAppsシリーズ」の開発・提供に加え、「Google Apps」「Salesforce.com」のリセール等、クラウド製品の販売事業が加わります。

 

企業システムのクラウド移行は、震災などによる企業システムへのリスクの回避、コスト意識の変化、スマートデバイスの導入によるワークスタイルの変化などにより現在も急速に進んでいます。サイオスグループは、多くの企業から寄せられるクラウドへの移行要求に的確に応えてきた経験と実績を生かし、今後も企業システムのクラウド移行において「最先端ワークスタイルの提案」「企業内ITシステムのクラウド化」「Google Appsの導入」を実現するソリューションを提供して参ります。

 

<サイオステクノロジーについて>

サイオステクノロジーは、1997年の創業以来、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェア(OSS)の開発と利用を軸に、OS(基本ソフトウェア)からWebアプリケーションソフトウェアにかかわる事業を推進し、情報システムのコスト削減に関する取り組みを推進しています。また、市場が拡大しつつあるクラウドコンピューティング分野でも、OSSの利活用を通じて、最先端のシステムを提供しています。

これからも革新的なソフトウェア技術を追求し、世界のIT産業に影響力のある存在、「インフルエンサー」となって価値を創造し、社会の発展に貢献してまいります。

サイオステクノロジーについては以下のURLをご参照ください。

//www.sios.com/

 

Linux は、Linus Torvalds の商標です。

※その他記載の会社名および製品名は、各社の商標もしくは登録商標です。

 

<グルージェントについて>

グルージェントはJavaを中心とした最新の技術基盤をベースに、多数の先進的なシステム開発の実績を誇っております。中でも高負荷・高速処理が求められる金融、運輸や社会基盤案件でのアーキテクチャーコンサルティングにて収益性を高めています。

グルージェントについては以下のURLをご参照ください。http://www.gluegent.com/

 

【本件に対する報道関係者からのお問合せ】

サイオステクノロジー株式会社

広報 大徳

Tel03-6689-4106 

 


最新プレスリリース一覧へ

プレスリリースページ

子会社グルージェントの体制を拡充し、クラウド事業を強化グループの関連事業を集約、30人の専任組織で事業の拡大を強力に推進 についてご紹介いたします。

PAGE TOP