製品・サービス

インフォメーション Red Hat Enterprise Linux関連情報

製品/サービス
2013.08.26

Red Hat Enerprise Virtualization3.2リリース

Red Hat Enterprise Virtualization が、バージョン 3.2 にアップグレードされました。
最新バージョンでは、 Storage Migration や最新 CPU のサポートをはじめ、運用管理の改善
に向けて管理画面へ Plug-In 機能がサポートされ、RHEV の管理画面から NetApp 社のストレージ、
Symantec 社の Veritas Cluster Server 等との連携が可能になりました。

また、お客様のニーズへの対応、競争力の強化を目的として、製品体系の簡素化を図っております。

■製品体系

RHEV 3.2 には、お客様のニーズへの対応、競争力の強化を目的として、製品体系の簡素化を図ります。

  (1) 提供形態
       従来 1 ソケット単位だったサブスクリプションを RHEL と同様に、サーバ台数ベースのソケットペア
      (2ソケット単位)での販売単位に変更します。


  (2) パッケージの変更
        RHEV for Servers, RHEV for Desktops として提供きた製品体系を Red Hat Enterprise Virtualization
    に統合します。

       ◆ RHEV for Servers の Add-On として提供してきた RHEV for Desktops は、RHEV の標準機能として
            組み込まれます。 (Add-On 製 品としての販売は終了します。)
 
       ◆ RHEV for Servers、RHEV for Desktops として提供してきたものをRed Hat Enterprise Virtualization
            という名称へ変更(統合)します。

<新製品体系サブスクリプションのカウント方法>

 "仮想ホストとして使用するサーバー" 台数とソケット数により、購入いただく
 サブスクリプションの本数が決まります。
 ※仮想ホストサーバー1台につき、最低1本サブスクリプションが必要です。

 ★1ソケットサーバー4台で、サーバー仮想化を行う場合:
  変更前: RHEV for Server x 4本
  変更後: RHEV (2ソケット)  x 4本

 ★2ソケットサーバー2台で、100台のデスクトップを動作させる場合:
  変更前: RHEV for Server x 4本、RHEV for Desktop(25本)x4
  変更後: RHEV (2ソケット) x 2本


■製品価格表
  Red Hat Enterprise Virtualization の新製品価格表は以下をご覧ください。

   ◆Red Hat Enterprise Virtualization価格表

  ※ 旧製品体系は 2013年10月10日レッドハット受注分まで有効です。





ページトップへ戻る

Linuxプラットフォームトップへ戻る

  • 詳しい製品内容はRedHatサイトへ