製品・サービス

インフォメーション Red Hat Enterprise Linux関連情報

サポート
2012.05.15

Red Hat Enterprise Linux 4 延長ライフサイクル (Extended Life Phase)におけるサポートのご案内

この度下記の概要にてレッドハット社から告知いただいたRed Hat Enterprise Linux 4 延長ライフサイクル(Extended Life Phase)におけるサポートについてご案内させていただきます。

1.     概要

2005年に提供を開始した Red Hat Enterprise Linux 4は、2012229日に運用フェーズが終了し、201231日より延長ライフサイクル(ELP: Extended Life Phase)に入りました。本日付けで延長ライフサイクルにおけるRHEL 4のガイドラインを発表致します。なお、本日現在、運用フェーズにあるRHEL5/6の延長ライフサイクルについては、追ってご案内致します。

 

2.     RHEL 4 のライフサイクル

RHEL 4は、7年におよぶ運用フェーズ(Production1, 2, 3)後に設けられた、延長ライフサイクル(Extended LifePhase)に入りました。



RHELライフサイクル.png

3.     RHEL 4 延長ライフサイクルにおけるサポートサービス

RHEL 4 延長ライフサイクルにけるサポートは以下の通りです。

- 通常のサブスクリプションを購入: 2012229日までにリリースされたバイナリやパッチの入手、既存情報をもとにした限定的なサポートサービスが提供されます。

- ELS Add-On を購入: 通常のサブスクリプションに加えて、ELSExtended Life Support Add-On をご購入いただくことで、運用フェーズ3 と同等のフルサポートサービスが提供されます。


RHELライフサイクル_2.png

Red Hat Enterprise Linuxのライフサイクル

( https://access.redhat.com/support/policy/updates/errata / )より、引用

 

4.     FAQ

(1)  ELP (Extended Life Phase)という延長ライフサイクルが発表されたのはいつですか?

2012131日に米国で発表された「RHEL5/6に対するロングライフサポート」と同時に、RHEL3/4に対する延長ライフサイクルも発表されました。

Red Hat Enterprise Linux Stability Drives Demand for More Flexibility in Long-term Operating System Deployments

http://www.redhat.com/about/news/press-archive/2012/1/red-hat-enterprise-linux-stabilitydrives-demand-for-more-flexibility-in-long-term-operating-system-deployments


Red Hat Enterprise Linuxのライフサイクル

https://access.redhat.com/support/policy/updates/errata/


(2)  Red Hat Enterprise Linux 4 ライフサイクルはどのようなものでしょうか?

レッドハットは、それぞれの主要メジャーバージョンに対して、運用フェーズ 1, 2, 3および延長ライフサイクル (ELP: Extended Life Phase)で構成され、サポートとサービスを提供しています。RHEL4については、7年におよぶ運用フェーズが終了し、最大3年間の延長ライフサイクルに入りました。

詳細は、以下をご覧ください。

http://redhat.com/rhel/lifecycle


(3)  ELPのメリット何ですか?

7年間の運用サイクルを終えた後に、継続してRHEL4をご利用になられるお客様に向けて、既存のパッチやドキュメンテーションへのアクセスを提供致します。


(4)  RHEL4では、どの製品が延長ライフサイクルでしょうか?

以下に示す全てのRHEL4ベースの製品が、延長ライフサイクルに入りました。

    Red Hat Enterprise Linux AS 4

   Red Hat Enterprise Linux ES 4

   Red Hat Enterprise Linux WS 4

   Red Hat Desktop 4

   Red Hat Global File System 4

   Red Hat Cluster Suite 4


(5)  201231日以降、利用中のRHEL4はどのようになりますか?

有効なサブスクリプションを保有していれば、引き続きRed Hat NetworkRHEL4チャネルへアクセスでき、以下のサービスが提供されます。

   既に導入済みのRHEL4に対する限定的なテクニカルサポート(サブスクリプションを保有するお客様のみ)

   2012229日までにリリースされたバグフィックス(RHBA)、セキュリティ errata (RHSA)、および製品拡張(RHEA)Red Hat Network(RHN)経由で入手可能

   Red Hat Customer Portal内のRed Hat Knowledgebase、および他のコンテンツ(ホワイトペーパー、リファレンスアーキテクチャ)へのアクセス

 ●     Red Hat Enterprise Linux 4 ドキュメント


Red Hat Enterprise Linux 4の延長ライフサイクルは、201231日より、2015228日の期間を予定しています。

なお、Red Hat Enterprise Linux 4 Cluster SuiteおよびGlobal File System Add-On向けの新たなバクフィックス、セキュリティ、あるいは製品拡張(RHBA, RHSA, RHEA)は、201231日以降、提供されません。


(6)  Red Hat Enterprise Linux 4 が、延長ライフサイクルに入ったことで、レッドハットからの推奨アクションは何ですか?

お客様が保有しているサブスクリプションにて、アクティブなバージョンのバイナリ、ソースへのアクセスが行えます。これには、既存のセキュリティアップデートやバグフィックスが含まれます。

また、Red Hat Enterprise Linux 4が、運用フェーズから延長ライフサイクルへ入ったことで、最新機能の提供やHW/ISVサポートが拡張されているRHEL 5あるいはRHL 6へのアップグレードを推奨します。

引き続き、RHEL 4をご利用になる必要がある場合には、Red Hat Enterprise Linux Extended Life Cycle (ELS) Add-Onsをご購入いただくことを推奨します。


(7)   現在、RHEL4を利用しており、最新バージョンへのアップグレードはできません。どのようなオプションがありますか?

     RHEL 4を継続して利用、および上記(3)のサブスクリプションサービスの受けることができます。なお、201231日以降に提供されるソフトウェアは利用できず、既存情報をもとにした限定的なテクニカルサポートの提供に限られます。

     ELSをご購入いただいた場合、テクニカルサポートに加えて、新規のソフトウェアメンテンスを受けることができます。


(8)  RHEL4に対して引き続きソフトウェアメンテナンス(バグフィックスやセキュリティフィックス)やテクニカルサポートを受けるにはどのようにしたら良いでしょうか?

RHEL 4 ELS Add-Onをご購入ください。RHEL 4 ELSをご購入いただくことで、ソフトウェアメンテナンス(重要なセキュリティフィックスや緊急/高優先度のバグフィックス)を受け取ることと、運用フェーズ3としてのテクニカルサポートが提供されます。

詳細は、以下をご覧ください。

Extended Lifecycle Support

http://jp.redhat.com/products/enterprise-linux-add-ons/extended-lifecycle-support/


(9)  RHN上でRHEL 4 ELSが提供するコンテンツにアクセスするにはどうしたらよいですか?

RHEL 4 ELSが提供するコンテンツ(重要なセキュリティフィックスや緊急/高優先度のバグフィックス)は、Red Hat NetworkRHEL 4ベースチャンネルの子チャンネルとして利用可能です。子チャンネルは、"Red Hat Enterprise Linux ELS"という表記で配置されます。

詳細は、以下をご覧ください。

https://access.redhat.com/knowledge/articles/70098


(10)  RHEL 4.5RHEL 4.7RHEL 4 ELSではなく、RHEL 4 Extended Update Support(EUS) Add-onサブスクリプションを購入していますが、どのようになりますか?

RHEL 4.5RHEL 4.7向けとして既にリリースされたEUSのコンテンツは、現在のRed Hat Networkの場所からアクセス可能です。このコンテンツとして、ISO、リリース済のバグフィックス、セキュリティ、そしてプロダクトエンハスメントが含まれます。(RHBA, RHSA, RHEA)


(11)  20123月1日以降、Red Hat Cluster SuiteRed Hat Global File System等のRHEL 4 Add-Onはどのようになりますか?

RHNにてRHEL 4 Add-On ISOは、引き続きサブスクリプションのアクティブは可能です。ただし、ELSRed Hat Cluster SuiteRed Hat Global File Systemは対象外になります。そのため、これらのAdd-Onに対してソフトウェアメンテナンスやテクニカルサポートが提供されません。


(12)  Red Hat Network Satelliteへの影響はありますか?

31日以降であっても、アクティブなRHEL 4サブスクリプションを引き続き利用可能であり、Satelliteを利用した既存のバグフィックス、セキュリティ errata、製品拡張の適用、そしてRHEL4の展開(導入)が可能です。Red Hat Network Satellite をご利用中で、ELSをご購入される場合、以下をご参照ください。

https://access.redhat.com/knowledge/articles/70098


(13)  RHEL4が運用フェーズから延長ライフサイクルに入ったことで、エンタープライズ契約の効力は変わりますか?


いいえ、運用フェーズと同様、延長ライフサイクルでもエンタープライズ契約は有効です。

 

(14)  RHEL3でもELSを購入せず、通常のサブスクリプションだけで、既存のバイナリやパッチの入手はできますか?


いいえ、Red Hat NetworkRHEL3 コンテンツ(バイナリや既存パッチ等)の入手には、通常のサブスクリプションに加えて、ELSが必要です。

RHEL3 ELSに関しては、「新製品 Red Hat Enterprise Linux 3 Extended Life Cycle Support (RHEL3ELS)発売開始のお知らせ」(2010625 日)のご案内の通りです。


(15) RHEL5/6でもELSオプションの提供はあるのでしょうか?

追ってご案内いたしますので、少しお待ちください。

 

 

5.     関連情報

Red Hat Enterprise Linuxのライフサイクル

https://access.redhat.com/support/policy/updates/errata/


エンタープライズ契約

http://jp.redhat.com/rhecm/rest-rhecm/jcr/repository/collaboration/sites%20content/live/redhat/webcabinet/static-files/documents/Enterprise_Agr_Japan.pdf


2010625日発行レター (番号 RH-2010-N009)

「新製品Red Hat Enterprise Linux 3 Extended Life Cycle Support (RHEL3 ELS) 販売開始のお知らせ」


2011118日発行レター (番号 RH-2011-N002)

「新製品Red Hat Enterprise Linux 4 Extended Life Cycle Support (RHEL4 ELS) 販売開始のお知らせ」

 

今後とも一層のお引き立てを賜りますよう、何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

敬具


ページトップへ戻る

Linuxプラットフォームトップへ戻る

  • 詳しい製品内容はRedHatサイトへ